カーローンの基礎|ディーラーオートローン|銀行自動車ローン

カーローンの基礎|ディーラーオートローン|銀行自動車ローン

カーローンについて学びましょう!

メニュー

ローン会社選びは慎重に出来ればディーラーローンを使いましょうニューバジェットローンで車を買った話安全な車ローン住信SBIネット銀行のMr.自動車ローン

ローン会社選びは慎重に

10年前、ウィンタースポーツ用に日産エクストレイルの購入の際、知人の紹介で中古車販売をやっている個人店にてローンの依頼をしました。

当時依頼した車両の人気は高く、グレード、色などを指定すると車両価格が跳ね上がってしまい、ローン金額を200万円に設定しアプラスへ申し込みをしました。

すると、私の場合では200万円のローンを組むのは難しいとの返答がきました。

それは何故か。

理由は、身内の1人でも過去に債務整理者がいると、家族も同等の扱いを受けてローン審査に響いてきてしまうからでした。

金額を訂正し170万円に下げて再度提出しましたが、却下。

また訂正し、今回は150万円ギリギリにして再度提出したら、条件付きで受理されました。

条件とは、保証人を1人、若しくは2人付ける事、尚且つ利率の7%以上の引き上げが条件としてありました。

当時は身内に保証人となってくれるあてもなく、友人知人にお願いする訳にもいかず、再三探した結果、該当者無しと返答をしました。

すると、今度はアプラス側から利率を12%以上にまで引き上げるならば保証人無しでローンを組んでも良いと、足元を見るかのような提案をしてきました。

依頼先の車屋さんからは、ここまでローンを通すのに時間も掛かっているし、今ローンを組むのをやめてしまうと次は本当に通らなくなってしまいますよ?と若干脅しめいた助言をされたため、泣く泣く利率12%で契約をする事になりました。

後々分かった事ではありますが、自動車販売店により取扱うローン会社も異なり、ローン会社によって審査に通りにくい、または通りやすいものがあるという事です。

今回の販売店はアプラスでしか取り扱いがなく、担当者と交流があるのがアプラスだったため、強制的にアプラスでローン審査となりました。

しかし、オリコ、トヨタファイナンス等、各自動車メーカーにファイナンス会社が存在していて、中でもトヨタファイナンスが審査に通りやすいと販売店の方から話を聞く機会がありました。

また、アプラス、オリコに関しては、審査が通った後のカードローンの案内が執拗にきたり、今回のアプラスでは当時無知だったせいもありますが、強制的にカードローンまで契約させられたので、各社契約される場合はその点にも気をつけると良いと思います。

上記で記載したのは車ローン専門の会社ですが、筑波銀行のつくばマイカーローンなどの銀行、信用金庫などからカーローンを組めるのであれば、そちらの方を強くお勧めします。

キャンペーンによっては利率2%を切る事もあるので、知人にはローンを組む際、信用金庫をお勧めしたしたことがあります。

ただ、先述のように、銀行、信用金庫等は信用問題を大切にしているため、家族に債務整理、ブラックリスト等に名前が上がっている方がいる場合は、ほとんどローンを組むことは不可能と考えた方が良いでしょう。

その時、その場所、その時代により自分の乗りたい車は変わっていくと思います。

そんな中、ローンという壁に邪魔されて断念する事ほど理不尽な事はないでしょう。

ましてや自身の問題ではなく家族の問題で拒否されるなど、私達にはどうする事も出来ません。

そこで、車を買いたい、ローンを組もうと思い立ったら、まずは身辺調査を先にやっておく事です。

身内の履歴についてもそうですが、現在では携帯料金の延滞を1回でもするとローンに通らなかったり、光熱費の引き落としに1回でも遅れてしまった、それだけでローン審査に響いてしまう事を知識として得て下さい。

何気ない日常の不始末で自分の首を絞めてしまう前に、もう一度見直してみて下さい。

今の現状に合ったローン会社で、無理のないローンを組んでカーライフを楽しんでくださいね。

出来ればディーラーローンを使いましょう

以前車を購入した際、金融機関のオートローンにするか、ディーラーのオートローンにするかで迷いました。

ベンツをCクラスというセダンを購入した際、デメルセデス・ファイナンス(ディーラー)のオートローンを利用しました。

金利は実質2.5%ですが、結果として良かったです。

正直な話をすると、もっと安く借りられる金融機関もあり迷いましたが、ディーラーのローンを選びました。

まず初めに融資が早いことです。審査は当日やってくれますし、融資も1週間以内には実行されました。当たり前といえば当たり前ですが、ディーラーは車を売ることが仕事です。

また営業マンには売り上げに基づいたコミッションが付いてきますので、お客さんの気が変わる前に契約してもらおうというのが本音です。

お客さんが「やっぱBMWの3シリーズやレクサスのISも見たいからまた今度買いに来ます」なんて言われたら困ります。

そのため、何としてでもローンを早く通して気が変わる前に購入にてもらう努力をします。

なのでローンの審査は早いです。

仮審査は無くいきなり本審査を通します。

言い方は悪いですが、メルセデス・ファイナンスとディーラーはグルなのでお互いに協力します。

そのため顧客に安定した収入があり問題のない人であると判断した場合、全力で貸す努力をします。

スピーディーな対応以外にも、ディーラーのローンにはサービスの質の高さという付加価値があります。

例えばディーラーローンを選んだ場合、手厚いアフターケアが付くケースが多いです。

例えば私の場合、ベンツを購入したら自動的にメルセデス・ケアというものが付いてきました。

正直な話、最近のドイツ車は一昔前と違ってそう簡単に故障しなくなりましたし、パーツ費用も結構安くなったのでメルセデス・ケアを使う機会はない可能性の方が高いですが、もしもの時を考えると安心できます。

2.5%の金利で付いてくるので全然お得だと思います。

また、メルセデスに関するキャンペーンについて特別なオファーをくれたりします。

そのため、ある特定のメーカーが好きならそのメーカーのオートローンを組んだ方がお得なだけでなく楽しいです。

たまにローンそのものが悪いと考える人もいます。

余裕があるのであれば一括払いの方がお得なのは当たり前ですが、カーローンという審査が通りやすくて低金利で借りれるサービスを使わないのは損だと思います。

仮に5年ローンを組んで最終的に払う金額を一括払いで払う金額と比べてみるとそんなに大きく変わりません。

この誤差を5年間の約60カ月で割ると、ひと月当たりの負担というのも大したものではないと思えます。

下手に頭金を多くしたり一括で払ってしまいお金が無くなるよりも、少々金利を払っても若干余裕のある生活をする方が賢いと思います。

ニューバジェットローンで車を買った話

私がローンを組んで念願の愛車を買った時の体験談です。

人生の中でも大きなお買い物。その中に車も含まれると思います。

実際、私の中ではかなりのウエイトを占めていて、どんな車がいいか、予算に見合った車はないか…パンフレットや実際にお店を見て回って、色々と調べたものです。

数ヶ月かけて、やっとこの車が欲しい!と運命的な出会いをしました。

その車は中古車でしたが、ガレージ保管だった為、傷みも少なく、とても綺麗な状態でした。

だからこそ、お値段がそこそこ…。

現金では買えないな…と悩んでいた時に店員さんに紹介されたのが、「オリコ」の「ニューバジェットローン」という返済方法でした。

話によると、月々に固定の返済額を支払うのは一般的なローンの返済方法と変わらないですが、ニューバジェットローンは、まとまったお金が入った時に、自由に繰り上げ返済出来るという仕組みの返済方法とのこと。

もちろん、一般的なローンと同じように固定の金額を決められた期間支払っていく事も可能であるし、臨時収入が入った時は都度、自由に入金し、ローンの返済期間を短くしていくことも可能とのことでした。

例を挙げると、月々は3万円のお支払で、ボーナスが入った月はちょっと10万円くらい繰り上げで返そうかな…。

という事が出来るという仕組みです。

私が今ここで捺印すれば手に入る車を目の前に、その店員さんのお話はとても魅力的に感じられました。

これならボーナスが入った時に少し多目に返していけば、返済期間も短く出来るし、何より色々と融通が効きそうだな…と思い、私は意を決して書類に捺印をしました。

念願の愛車。

ボーナスが入ったら少し多目に返済。

それを繰り返して8年だったローンを6年、そして3年とわりと短いスパンで縮める事が出来ました。

おぉ!結構順調だし、これなら利子も結構返ってくるんじゃ…と思いました。

支払うお金は少ない方がいいに決まってるので、ローンの支払いが残り3年となった時、初めてオリコのコールセンターに電話し、残債と返ってくる利子はいくらなのかの問い合わせをしました。

そして、その時私は初めて知るのでした。

「ご返済できる利子は現在ございません。」そうなんです。

それがニューバジェットローンの落とし穴でした。

ニューバジェットローンは、利子の割り当てが返済を開始した早い段階での支払いに充てられていて、それから車体の価格を返済していく…という仕組みだったのです。

なので、8年組んだローンのうちの残り3年、当然利子の支払いは完了してしまっていた…という訳です。

利子が残っていたら一括で返済してしまおうと考えていましたが、残ってないなら別に急ぐ必要もないので、現在も支払いを続けています。

人生の中でも大きなお買い物をするときは、目先の魅力に囚われず、下調べをちゃんとして賢くお買い物をしましょう。私は失敗しましたが、性質を理解して賢く使えばお得なニューバジェットローン。お買い物のご参考になれば幸いです。

安全な車ローン

最初、車のローンは買ったところの系列で借りていました。

しかし、利息も高く私の給料ではカツカツでした。

知り合いもいない、他のところで借りていいのかわからないという不安が大きかったのもあり、そこで借りることにしました。若かったのもあり、質問もなかなかできず、困っているときに一年くらい払った後、知り合いから利息が高くない?と聞かれ、標準がわからず色々聞いてみました。

そしたら1%の利息で済む銀行もあるよとのことで、信用金庫の方に話を聞きたいと思いました。

仕事の関係上なかなか抜け出せないのと帰りも遅いので話を聞きに行けず、知り合いの知り合いがいたため、職場まで営業の方に来て話をしていただけることになりました。

どれくらいで返したいか、またどれくらいの金額なら支払いが可能なのか全て話を聞いてくれました。

車を買ったら5年ローンで支払うつもりだったので、一年間は別のところで支払いが終わっていたので4年間の支払いにしました。

自分が思っていたよりも返済金額が低く、カツカツの生活じゃなくなったのを覚えています。

ボーナス払いも含めるとこの金額になりますよと細かく教えてくれました。

手続きについても、私の空いている時間帯で行ってくださったり、親切に対応をしてくれました。

時間外であろうと時間が許す限り対応をしてくれる良い銀行でした。書類審査等があるのですが、通すために一生懸命動いてくださりました。

もし、銀行のローンが借りられていなかったら、相当な金額を年間支払い続けていたことでしょう。

そう思うと、少しゾッとします。年齢的にも貯金がしたいという気持ちがあったので、本当に助かりました。

あと2年で支払いが終わるので、最後までそこの銀行にお世話になろうと思っています。

また、何かローンを組みたい時には、銀行を頼ってみようかと思います。

車と関連しているローン会社系列より、銀行の方は親切で色々とサポートしてくれるので安心できますし、そちらの方が私にはいいのかなと感じました。

またカードローンとかもありますが、そちらで借りると利息が15%とかになってしまうので、まずは銀行に相談してみた方がいいと思います。

銀行だと細かい説明までついてきて、サポートもしっかりしてくれるので安心だと思います。

ブライダルローンも銀行で借りていますが、どれくらいの支払いが残っているのかも含め、細かく教えてくれます。

迅速な対応、親切な対応、要望を受け入れてくれる銀行なので安心です。

住信SBIネット銀行のMr.自動車ローン

2年前に新古車を購入し、現在もローン返済中です。

ローンを組むにあたってやはり気になるのは金利です。

支払総額を大きく左右する要素なので、基準金利の低いローンに目がいきます。

ディーラー系のローンよりも銀行系の商品の方が圧倒的に金利が低かったので、調べるうちに徐々にそちらに絞られていきました。

地方銀行にも魅力的な商品はありました。

特に検索する度に上位に登場する関西アーバン銀行は、金利はもちろん、来店不要(郵送やネットでのやりとりでOK)とのことでしたし、検討してみようかとも思ったのですが、やはり地元に営業所のない銀行、名前になじみのない銀行ということで不安があり、踏み切れませんでした。

支店が近くにある人なら検討してもいいかもしれません。

一方、目的を自動車購入に限定しないローン、いわゆるカードローンやフリーローンには魅力を感じませんでした。

なんとなくですが、そうしたローンは通常の自動車ローンよりも「うさんくさく」思えました。

審査が簡単、保証人不要、他のローンで審査が通らなかった方でも、といった謳い文句が悪い印象につながったのでしょう。

便利なものではあるのでしょうが、例えば、どこのコンビニでも使えて、いくらでも追加で引き出していいカードなんてものを持ったら、借金をしているという感覚が薄れて、気づいたらめちゃめちゃ借入金の金額がふくらんでいた、なんてハメになりそうな気がしました。

君子危うきに近寄らず。

フリーローンはカードローンよりも金利が低いと聞きましたが、たいていの自動車ローンよりは設定金利が高かったので、こちらもメリットを感じませんでした。

迷いに迷った末、けっきょく私は住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンに決めました。

決め手になったのは、たまたまこの商品が「金利値下げキャンペーン」の期間中だったこと。

基準金利から年0.1%引き下げになるというキャンペーンの終了が迫っていたので…。

まぁ、もともとSBIには口座を持っており、新規口座開設の手間がいらないことも、ずぼらな私には大きかったのですが。

また、いつでも好きな時にネット経由で1円単位の繰り上げ返済ができるというのも気に入りました。

ローンの完済なんて、早ければ早いにこしたことはありません。

手持ちのお金にちょっと余裕があるとき、少しずつ上乗せ返済していけば、予定より早く完済してローンから開放されますし、しかも繰り上げ返済には手数料をとられないのです。

蛇足ですが、それまで私はせっかく保有していたSBIの普通口座をたいして活用していませんでした。

ローンの返済開始に先立ち、少しまとまった金額を入れておいたのですが、そのまま忘れていたところ、数ヶ月後に「残高不足で引き落としができません」との通知を受け取りびっくりしました。

返済の滞りは大変な不名誉です。

信用問題にかかわります。

こんな失敗を考慮するなら、わざわざ返済のためだけに新しい銀行口座を設けるというのは、ちょっと管理が面倒かもしれません。

メニュー

ローン会社選びは慎重に出来ればディーラーローンを使いましょうニューバジェットローンで車を買った話安全な車ローン住信SBIネット銀行のMr.自動車ローン


Copyright ©カーローンの基礎|ディーラーオートローン|銀行自動車ローン All rights reserved.

ログイン